▼日本科学未来館@お台場

▼日本科学未来館と「生き物になれる展」@お台場

なれる展に行ってきました!

名称、リンク

日本科学未来館
http://www.miraikan.jst.go.jp/

住所

東京都江東区青海2-3-6 日本科学未来館

駐車場、駐輪場

有料駐車場あり

バスや電車の利便性

無料巡回バスあり。「東京ベイシャトル」
なんでも便利です。

おすすめポイントとレポート

MOVE生き物になれる展に行ってきました!
開催場所は、お台場の南西の方にある、日本科学未来館でした。

 

行きは、りんかい線の「東京テレポート駅」で降り、東京ベイシャトルという無料巡回バスに乗りました。
20分間隔くらいで出ている便利なバスです。
試しに乗ってみましたが・・・結果余計に時間がかかりました。
歩いたほうが早かったな。
というのも、このバスはテレポート駅停車の後、フジテレビやアクアシティ(お台場の北西のあたり)に向かってしまい、日本科学未来館とは逆の方向に向かってしまったからでした!
30分くらいかかった気がします。子どもが飽きてしまいました。
徒歩だと15分くらいなので、歩いたほうが早そうです。

 


平日の朝一番に行ったのですが、なれる展は閑散としていました。
ガラガラで待ち時間はゼロでした。
このなれる展ですが、動物のコスプレをして、動物のまねっこをする、という参加型企画展示です。
ダンゴムシ、ペンギン、トカゲ、ライオンなどになれるようでした。

 

まずはダンゴムシから行ってみました。
枯れ葉の中でもぞもぞ動いたり、丸まって遊べるようです。
しかし、衣装のダンゴムシのヨロイがリアルで、息子はビビってしまい、断固拒否!
私も赤ちゃん抱っこだったので着れず、断念(´;ω;`)
靴を毎回脱がなければならないのでちょっと面倒でした。

 

次はバジリスクという水面を走るトカゲ。
ウォーターベッドみたいなものの上を走りました。
これは結構楽しそうでした。あんまりトカゲっぽくはなかったですが。

 

さらに、ものすごく目を引く大きいサメのところへ行ってみました。
これは、ペンギンのお腹滑りをまねっこというコーナーなのですが、サメの口の中へ滑っていくので、完全に捕食されていました。
コンセプトが謎でした。
これはインスタ映えするわ〜!大きいサメのハリボテややペンギンの衣装が良い感じでした。
ただ、息子はここでも衣装拒否。スタッフの方が、着ずに滑ってもOKと言ってくださったので、そのまま滑ってみました。
大きいサメのすべり台を、腹ばいで滑っていきました。これは楽しい!
ガラガラだったので何回も滑れそうでした。

 

他にも、ホエザルのまねをして、大声で吠えよう、とか、動物の臭いにおいを嗅ごう(?!)という展示もありました。
息子が一番気に入っていたのは、レバーを引くと、動物のフンの模型がボタボタと落ちてくる展示でした。
楽しんでるならいいけど、大型の展示の方に興味を示してほしかったな・・・(´;ω;`)ウンチに負けるとは。

 

他にも、ライオンの狩りゲームとか、壁一面の蝶の羽の撮影スペースとか、大きい貝殻を持てる展示とか、生き物に関するものがたくさんあり、勉強になりました。
ただ、3歳なりたてにはちょっと難しい参加型展示もありました。
怖がりとか、恥ずかしがりだと、衣装を着なかったり、展示の中に入りたがらなかったりするかもしれませんね。

 

さてさて、最近恐竜の存在を知った息子。
喜んでもらえるかと思い、わざわざこの日に行きました。
「DINO−A−LIVE」!!
なんと会場を恐竜が歩き回るのです!!!
時間になると、会場の隅から大きい恐竜が出てきました!
3mくらいありそうな、2本足で歩く恐竜です。羽が生えていました。
それがリアルに会場を動き回ります。私、大興奮!!!
息子はびっくりしていました。
この恐竜、サービス精神が旺盛で、近くに寄ると、噛むふりをしてくれたり、鳴いたりします。
子どもや若い子にちょっかいをかけていました。
ダンゴムシを食べようとしていたのには笑いました。
正直言うと、この恐竜がなれる展で一番のおすすめです!!

 

息子が動物のフンの展示ばかりで遊ぶので、私はゲンナリしてしまい、早々に会場を出ました。

 

 

次は日本科学未来館の展示を見に行きました。
3歳児にはハイレベルすぎる内容でした。
ボタンを押したり、模型を見たり、画面を見たり、なんとなく楽しめてはいるようでした。

 

 

息子が面白がっていたのは、ASIMOの実演イベントと、子どもの遊び場「"おや?"っこひろば」です。
ASIMOはあまり期待していなかったのですが、いざ見てみるとびっくりしました。
走ったり、ボールを蹴ったりできるようです。
息子も目が釘付けになり、最前列へ自ら行って見ていました。
1日4回ほど開催されるそうです。必見です。

 

また、「"おや?"っこひろば」もおすすめです。
体を使いながら、おや?と子どもに興味を抱かせるしかけがたくさんあります。
時間入れ替え制で、利用に制限はあります。
中に入ると、緑色の坂が目につきます。そこは、ものを転がして、転がり方の違いを発見するスペースです。
他にも大型のブロックや、玉ころがし、お絵かきスペースなどがあります。
お絵かきスペースは自分の書いた絵を読み込ませて、モニターに表示できます。ハイテク。
時間が来ても帰りたくない子多数発生!

 

飲食ですが、7階のスペースで持ち込んで食べることができます。
7階のカフェも、醤油バーがあって面白いです。
5階にもカフェがあります。

 

意外と子連れにも優しい施設です。
年パスは2回行けば元が取れるのでおすすめです。

 

ちなみに帰りはゆりかもめ「テレコムセンター」→「有明」→りんかい線「国際展示場」というルートで帰りました。
モノレールに乗れるので楽しいです。
モノレールは一番前に乗ると、景色が良く見えます。
運転手がいないので、自分が運転しているような不思議な気分になります。

 

トイレ

あり

おむつ替えスペース

あり

授乳室

5Fにあります。

最寄りのコンビニやスーパー

ゆりかもめの駅にコンビニあり

付近のおすすめ施設

船の科学館が近いです。

注意点

★巡回バスのルートに注意★なれる展の展示は、未就園児にはちょっとハードル高いかも★何回も靴を脱ぎます★混雑していたらなれる展は楽しめなさそう・・・平日おすすめ!

関連ページ

▼グリコピアCHIBA@千葉県野田市
千葉県野田市のグリコピア千葉に行ってきました。アイスの製造ラインを見たり、試食したり、子連れで楽しめる工場見学です。東京都江戸川区の遊び場を徹底的にレポートするサイトです。特に葛西を中心にレポートします。
▼レゴランドディスカバリー@お台場
お台場のレゴランドディスカバリーへ行ってきました。東京都江戸川区の遊び場を徹底的にレポートするサイトです。特に葛西を中心にレポートします。
▼千葉県立現代産業科学館@市川市
市川市にある千葉県立産業科学館へ子どもと行ってきました!子連れに優しい科学を学べる施設です。東京都江戸川区の遊び場を徹底的にレポートするサイトです。特に葛西を中心にレポートします。
▼IKEA TokyoBay のベイパーク
船橋のイケアの子どもの遊び場「ベイパーク」に子どもを預けてみました!東京都江戸川区の遊び場を徹底的にレポートするサイトです。特に葛西を中心にレポートします。
▼国立科学博物館@上野【コンパス行ったよ】
台東区上野にある国立科学博物館に子連れで行ってきました!お目当ては恐竜の化石!親と子の探検ひろばコンパスにも行ってきました。東京都江戸川区の遊び場を徹底的にレポートするサイトです。特に葛西を中心にレポートします。
▼浦安市運動公園【大型遊具】
葛西から自転車でも行ける、浦安市運動公園に行ってきました!東京都江戸川区の遊び場を徹底的にレポートするサイトです。特に葛西を中心にレポートします。
▼スカイバスに乗ってきた@丸の内
スカイバスという、2階建ての屋根のない観光バスに乗ってきました!東京タワーやレインボーブリッジなどを回りました。東京都江戸川区の遊び場を徹底的にレポートするサイトです。特に葛西を中心にレポートします。
▼夢の島熱帯植物園@江東区
東京都江戸川区の遊び場を徹底的にレポートするサイトです。特に葛西を中心にレポートします。 江東区の夢の島熱帯植物園に行ってきました。ハロウィン展示が楽しかったです。
▼防災を学びに。そなエリア東京(東京臨海広域防災公園)@有明
東京都江戸川区の遊び場を徹底的にレポートするサイトです。特に葛西を中心にレポートします。
▼イクスピアリ【短レポ】
東京都江戸川区の遊び場を徹底的にレポートするサイトです。特に葛西を中心にレポートします。
▼東京都水の科学館@有明
東京都江東区有明の水の科学館へ行ってきました。子どもが楽しめる水遊びスペースや展示があり面白いです。
▼MEGA WEB@お台場【ベンツを運転?!】
お台場のメガウェブに子連れで行ってきました!幼児でも車に乗る体験ができました。東京都江戸川区の遊び場を徹底的にレポートするサイトです。特に葛西を中心にレポートします。
【未】大江戸温泉浦安万華鏡
東京都江戸川区の遊び場を徹底的にレポートするサイトです。特に葛西を中心にレポートします。

ホーム RSS購読 サイトマップ